このサイトについて

甘えん坊で頼りないと思ってたのに、

私にはこの春より小学6年生になる次男がいます。
うすうす感じていましたが。
子供にはどうも、外ではうち(家)で毎日みてるのと違った顔があるような。

 

このブログを始めたきっかけは、

今日アップした記事が、全国の育友会会長を引き受けようか断ろうか、と迷ってる人たちの手助けになったら。
私もそうだったんですが、育友会ってなかなか引き受け手がいません。
でもやりたいけど大変そうって思い尻込みしてる人が結構いると思います。
だからそんな人に、”こんなに気軽にできるよっ”て知ってもらえたら、そしたら自分も子どもも学校・地域が元気になるかも。

僕らが子供のころは地域で子供を見ていたと思います、意識することなくごく自然と。
悪いことをすると近所のおじさんおばさんに叱られたり、良い事をすると褒められたり。
よその子も自分の子も同じように面倒を見ていたと思います。
そして先生、学校で先生に叱られたって言うと家でも叱られて、そりぁえらい目にあったもんです。
でも今は地域社会での付き合いや連帯感が希薄になり、”地域社会の教育力”が低下する傾向にあるような。

 

子供たちのために、”学校・地域・家庭”がしっかり役割を果す

子供たちがより安全で安心できる学校生活、ふれあい豊かな学校づくりのために、親と親が距離を短くして気軽に付き合えるように。
そして学校との距離が近なり、昔のようによその子も自分の子も同じように叱って褒めて、地域で子供の面倒を見る。
子どもは一人で育たないんですよね。

 

このブログを見ていただいた方へ。

できる範囲でお手伝い、できる時間にお手伝い、育友会ってそんな軽いのりでいいと思います。
あまりまじめに考えて悩むより、子供と一緒に楽しみましょう。
小学校のときだけです子供が親と一緒に動いてくれるのは。
中学校に行くと知らん顔。(笑)

だから軽いノリで、それでいて楽しんで、夢中になって!
育友会で色んな行事を手伝って、参加して。
すると家とはまた違った子供と出会うことができますよ。