平成25年度金沢市立小・中学校PTA・育友会研修

平成25年度金沢市立小・中学校PTA・育友会研修

2013年7月17日

平成25年度金沢市立小・中学校PTA・育友会研修に参加して来ました。
金沢市には「金沢子供条例 子どもの幸せと健やかな成長を図るための社会の役割に関する条例」があり、平成13年12月に施行されました。
その第9条に「金沢子どもを育む行動計画2013」(H25~)があります。

「金沢子どもを育む行動計画2013」は平成25年度から平成29年度までの5日年計画です。
①確かな学力の向上を図ります
②豊かな心と社会性を育成します
③健康な体づくりを推進します
④信頼される学校づくりを推進します
⑤教員としての資質向上に努めます
⑥責任ある学校経営を推進します
この計画は金沢コミュニティーが一体となって子どもの育成を推進するため、金沢子ども条例に基いて設置した「金沢子どもを育む行動推進委員会」での策定を経て策定したもので、金沢コミュニティを形成する家族・地域・企業・学校の行動については「行動指針」、行政については「行動計画」という形で表しています。

家族・地域・企業、特に企業を枠組みの中に入れたのはいいことだと思いますが、家庭については各家庭の事情に合わせて自分たちで決めてくださいと言っていて、任せて大丈夫な家庭とそうでない家庭があるのは明らかなのでもう少し踏み込んでもいいと思いました。

あと、面白いと思ったのが「金沢小・中一貫教育」の話。
伏見台校区には石川県の公立学校では唯一の中高一貫校、「石川県立金沢錦丘中学校・高等学校」がありとても身近なお話でした。
小・中一貫教育って何も同じ敷地内じゃダメって話じゃなく、要は小・中学校が連携して子どもの成長に関わっていくことです。そうなると大切なのが地域のつながりですね。

とっても有意義な研修会でした。
役員の皆さん、ありがとうございました。

コメントもらえると嬉しいです。