モザイクアート

「モザイクアート」をヘリコプターで空から撮影します。

2013年10月12日

第4回 40周年記念事業グループ打ち合わせ。
記念式典も終わり次の大きな山は11月に予定しているモザイク画の空撮。
夏休みに募集した「モザイクアート」を児童全員で表現し、ヘリコプターで空から撮影するというもの。
空撮、空撮と言うのは簡単なんですが児童の予定や、空撮で使う「ふしみだい」の文字作り等これが意外とやることが多いい。
昨日はモザイクアートへの子どもたちの配置や色決めに時間を取られたのですがそれ以上に議論になったのが「ふしみだい」の文字作り。
文字づくりについてはこれからお手伝いいただける方の募集をしますので「子どもたちと40周年を祝いたい」という保護者の皆さんは是非、応募してください。

もうひとつ大変なのが子どもたちが並ぶモザイクアートの線引き、できれば一回で済ませたいのですが雨が降るとやり直し。作業としてはそれ程難しいことではないと思うけど、いかんせん慣れない作業なのでちょっと心配。

肝心のヘリコプターからの撮影は私が乗ることに。高いところ苦手なんですが。(^_^;)
ヘリコプターにはカメラだけではなくビデオカメラも一緒に乗って空から、そして運動場にもビデオカメラが待機し、2機のカメラでイベントの様子を撮影します。これはイイものになると思います。

当日は子どもたちだけではなく、保護者の皆さんにも参加いただけるように考えております。あと先生方も。
記念事業グループでは伏見台小学校の児童、保護者、教職員の皆さんの力を合わせ記憶に残るいいものにしたいと思っています。

 

記念事業グループの米田洋さん

 

記念事業グループ、リーダーの米田洋さん。前に出て説明したり議事録作って全員に配布してくれたりといつも先頭に立ってみんなを引っぱってくれます。
実は記念事業グループに記念誌を作るチームがあるのですが、米田さんがその専門性を活かし声を上げてくれました。
米田さんは金沢はもちろん、北陸の人なら誰でも知ってる会社でイベントの企画や紙面の編集のお仕事をしています。
40周年記念誌はそんじょそこらにある、ありきたりな記念誌じゃなく読んで楽しいワクワク感満載な記念誌になることでしょう。
お楽しみに。

コメントもらえると嬉しいです。