伏見台文化祭 育友会バザー

伏見台文化祭 育友会バザー

2013年10月28日

伏見台文化祭 育友会バザー、台風の影響で一時は中止も危ぶまれましたが、幸い進路もそれ無事開催する事ができました。今年のバザーは伏見台公民館との合同開催、伏見台小学校創立40周年を地域のみなさんもお祝いしてくれました。

子どもたちにとって小学校のバザーは待ちに待ったイベント、大きな期待を胸に(けっして大げさではありません、少なくとも我が子は( ̄▽+ ̄*))遊びに来てくれます。そのあたり、40周年実行委員会としても心得ていて、いつも模擬店といえばは焼きそばだけですが今年は大屋台村をオープンしました。

 

さて、天気も曇ってて時間はまだ8時前、でも早くからの準備作業。
こんな早くからお手伝いのお母さんたちは頑張ってます。

育友会の準備

 

 

伏見茶屋の納品、重たい荷物もなんのそのお母さんは子どもたちの為にがんばります。

8時前ですが早くから準備作業

 

大屋台村も仕込みの準備に余念がありません。

大屋台村の仕込み

 

 

毎年行列が出来るゲーム、担当の皆さん最後の打ち合わせ。

ゲーム担当

 

 

高尾台中学校吹奏楽部の皆さんのオープニングで文化祭がはじまりました。

文化祭オープニング

 

 

伏見台文化祭はじまりました。当日券を買い求める行列。

バザーチケット

 

 

毎年お手伝い頂いてる老人会の皆さん。昔あそびで子どもたちを楽しませてくれます。

老人会

 

 

大盛況、プラ板作り。

プラ版

 

 

子どもの社交場。

伏見茶屋

 

 

関西風イカ焼き、トップギ、フライド野菜にミニホットドック。どうなるか心配でしたが大行列の人気ぶりでひと安心。

行列ができるイカ焼き

 

食べ入れない食材や沢山のおもちゃを袋一杯に入れて喜んでる子ども達の笑顔、バザーのお手伝いはボランティアですが「やってよかった」と思える一番の報酬でした。

 

 

 

コメントもらえると嬉しいです。