伏見台大屋台村番外編

ふしみ大屋台村番外編

2013年11月6日

今年の伏見台小学校のバザーで大行列ができ、人気上々だったふしみ大屋台村。
ふしみ大屋台村は学校のお父さんたちが力を合わせて開店した一日限りの大屋台村です。
そのお父さんたちのがんばりを紹介します。

 

前日、雨が降って寒い夜の8時ごろ。お店のレイアウトや設営用の看板を作ってます。

看板

 

レイアウトの確認。

レイアウトの確認

 

 

当日の朝も8時前から集まって開店の準備。

当日の朝

 

 

トッポギは、小寺さんが実際にお店へ行って作り方のレシピを教えてもらい試作を重ねました。

トッポギ

 

 

なんといっても今回の目玉はイカ焼き。
金沢でイカ焼きというとイカの姿焼きですが、関西、特に大阪でイカ焼きといえばこれ。
私が大阪なんで金沢の皆さんに是非、食べて欲しくて出店しました。
実際にプロの方に作り方のレクチャーはもちろん、粉の配分まで教えてもらったので、まさにプロの味。

イカ焼きの試食

 

 

中西さんに味見してもらい作りはじめる端保さん。早くから焼いといて行列に備えます。

端保さん

 

 

さて、いよいよ開店でっせ〜っ!

いよいよ開店でっせ!

 

 

 

急ピッチで開店準備!

イカ焼き

 

 

 

越村教頭先生もイカ焼き作りを楽しみにしていて、作り方のレクチャーもちゃんと受けてくださいました。
ちなみに、越村教頭先生は開店がら閉店まで作りっぱなし。
子どもらが笑顔いっぱいで買いに来るのがうれしかったとか。
村上先生とのコンビもよかった!

越村教頭先生

 

 

開店してすぐに行列が。人気上々!

行列

 

 

父ちゃんたちがんばってます!

イカ焼きの行列

 

 

すべて完売!
一日お疲れ様でした。子どもたちは喜んでくれて何度も買いに来る子もいました。
この日集まったお父さん、屋台村の収益金で学校の備品を買って、これからの子どもたちの役に立てる事が楽しみで集まりました。
お疲れ様でした。

伏見台大屋台村番外編

コメントもらえると嬉しいです。