雨の中のライン試し引き

雨の中のライン試し引き

2013年11月10日

急速に発達する低気圧と前線の影響で、全国的に風雨が強まり激し雨や竜巻などの突風の恐れがある荒天警戒の今日(天気予報みたいな言い回しですが)、朝の9時過ぎから学校に集まってモザイクが画のライン試し引きを行いました。集まったのは40周年記念実行委員会の中西さん米田さん岡田さん谷川、学校からは大野校長先生と越村教頭先生、村上主幹教諭、図工の不破先生の8名。

撮影当日、子どもたちがちゃんと並べるよう、実際の寸法でラインを引きます。
がっ、この天気。
傘もささずにこれだけ雨に打たれたのは小学校いらい。
あの頃は楽しかったけどこの歳になるとこたえる。暴風によるよこ殴りの雨、防水加工のカッパを着てたんですが30分もしないうちに顔はもちろん下着までべちょべちょ。

 

大降りの雨と風のなか、まずは中心点の確認ですが実はこれが一番時間を取られました。

ライン引き

 

鉛色の空とにらめっこ、小降りの間に引いていきます。

ラインを引いていきます。

 

と、ここでトラブルが。どうも下絵と大きさが違うみたい。

トラブル

 

 

「やっぱり違ってましたか?」

一度引いた線を確認

 

 

サイズが小さかったのでもう一度、引き直し。

雨の中のライン試し引き

 

 

そうこうしてるうちに雨雲が…

もう一度引き直し

 

寒さと雨との格闘の末、こんな感じで引けました。

綺麗に引けました。

 

寒さに震えながら3時間、肝心なポイントの確認は出来ました。
みなさん、お疲れ様でした。
不破先生、助かりました。

コメントもらえると嬉しいです。