金沢市立伏見台小学校創立40周年記念モザイク画の航空撮影

金沢市立伏見台小学校創立40周年記念モザイク画の航空撮影

2013年11月27日

やっと、やっと決行日を迎えた金沢市立伏見台小学校創立40周年記念モザイク画の航空撮影。
今日の日のためにどれだけ準備をしたことか。
夏休み、子どもたちにデザインを募集、伏見台の文字制作。そして今日が3回目となる線引。
全部のこの日のために準備してきました。
最初の決行予定日が11月13日、しかし天気が悪く断念。その後、15日、18日、19日…と順延のオンパレード。
それゆえ、だんだんと気持ちもなえてきてムードも沈みがち。

そんな沈んだ気持ちで昨日、恒例となった午後3時の越村教頭先生との打ち合わせ。いつものようにむこう1周間の天気予報をみてたけど毎度のごとく諦めムード。実は昨日の午後3時で今日の降水確率は90%。やっぱダメか、と思い来週にしましょうか?と言っててたまたまピンポイントの天気予報を見たら、なんと窪地区は明け方3時に雨が降ってその後は夕方まで曇りの予報。間髪入れずに決行を決意。

今日は朝7時に線引の為に学校へ。
あいにく私は前日の線引には予定がありお手伝いできなかったのですが、越村教頭先生と村上主幹教諭のお二人が下地の線を引いいててくれました。
これがあったおかげで線引も1時か少しで完了。
実は今日で線引は3回め、本来なら育友会や40周年実行委員会が”主役”になって準備しないといけないんですが、越村教頭先生と村上主幹教諭におんぶにだっこ、本当に申し訳ない気持ちで一杯です。

3人で線引してた時は曇ってて風はちょっと気になったけど申し分なしの天気と喜んでました。
というのも空撮の場合、晴れの天気はダメなんです、影が出るのと太陽光が地面に当たっての照り返しがあるので色が綺麗にでません。

さて、決行予定の午前10時40分。”ありがたいこと”にポカポカ陽気の晴天。
しかし、これ以上伸ばすことも出来ないのでそのまま決行。
終わってみてですが、これはこれでよかったです。何より子どもたちも喜んでたみたいだし私自身なんとも言えない開放感。
こんなの久しぶりで、言葉に出来ません。

 

越村教頭と村上主幹教諭

もはや職人と化した越村教頭と村上主幹教諭の名コンビ。

 

子どもたちが降りてきた

子どもたちが教室から出てきて整列、手にはモザイクアートの色紙。

 

モザイクアート始まり

撮影が始まりました。先生やお父さんお母さんも参加です。

 

満面の笑み

見事に演技してくれた子どもたちもお大喜び。やってよかったと思えた瞬間です。やっぱ子どもには笑顔が似やう。

 

ビデオカメラのフリが早くちょっと見づらい部分もありますが運動場の子どもたちの様子です。
旋回してるヘリコプターめがけて精一杯の演技をしてくれました。

 

実はここんとこちょっと風邪気味で鼻づまり。ちょっと聞き苦しいかもしれませんがヘリからの映像です。

 

コメントもらえると嬉しいです。